STOPA

サークルの同人活動報告、うたプリと声優と絵に関する雑記などを書き散らします。

嫌われる勇気と信じる強さ(トロワ-剣と絆の物語-感想文)

トロワ

 

どこかの自己啓発本のようなタイトル。

 

三銃士がダルダニャンと出会う前の、三位一体になるまでを描いた物語、トロワ。

三銃士はちょっと原作読んだことないんですが調べると、「ダルダニャン物語」っていう3部作の作品の第1部に当たる小説なんですね。

なので発表された相関図見て、「主人公であるダルダニャンが居ないけど、どうするんダニャン?」とか思っていたんですけど(ダルダニャンってかわいい名前よね)
まさか前日譚ってことにしてしまうとは。なるほどニャ!

 

 

 劇団、映画、と続いてきたドラマCD企画?で、今回のシャニマスってちょっと特異ですよね。

プリンス達が演じる役柄と、本人達の性格が全くあっていない。
どの演目にも11人全員出ているっていう点も今までと違うけど、役柄としてプリンス達本人の名前をもじったような名前ではなくキチンとした全然違う名前を与えられ、本人達とは似ても似つかない性格の役柄を演じている。

 けれどメインキャストのうちの主人公格となる人は、本人と共通点が多い。

ロストアリスの感想文で書いた通り、那月とアリス。

三銃士は3人とも主人公だなって思うので、誰目線で物語を見るか、誰に感情移入するかで全然見方が変わりそう。

 

私はアトスとグリモーの会話シーンが好きで。

アトスは沈着冷静で生真面目。そして不器用で、銃士隊を大切に思っているのにそれを隊員に伝えることが出来ない。
情熱を胸に秘めているのに、表に出す術を知らない。
よって、堅物に見られて周りから遠巻きにされてしまう。

これって誰かに似てません?

もちろん、演ずるカミュ本人に似てる部分もあるんだけど…

学園時代のトキヤにそっくり!!!!

それを、トキヤ演ずるグリモーが、「もっと自分自身を信じないと周りも信じてくれない」と、アトスを諭す……

 

尊すぎか~~~~~~~~????????

 

そして、学園時代のトキヤに自分を信じる大切さ、を教えたのって誰か?
ルートにもよるけど、でもやっぱり

 

一十木音也ですよ………

 

そんな音也はすごい悪役として登場。

声ヲタとしてはここまでキャラが変わってしまうと、音也じゃなくて寺島拓篤が演じる違うキャラになってしまうのでは…って思ったけど、ちゃんと音也の声のまま、高めの可愛い声なのにドス利かせた演技になっていて、てらしー本当すげ~!って思いました。
あとさ、酒場の主人の太った感じの声も、あれてらしーだよね?
てらしーすごいわ~~~~~~~~~(てらしーの話になってしまった)


謎の騎士は最終的に三銃士のリーダーであるアトスと剣を交えます。

このシーンについてはプリツイで、音也とカミュがリプライで話していたけれど、もうね。
あのリプライ会話大好き!!!!!
カミュも、トキヤと同じく、音也に感情の出し方、教わってたんだなぁ…(しみじみ)

 

んで、謎の騎士は悪役らしく華々しく(?)散るわけですが

あ、このシリーズ人が死ぬんだ…

ってすごい驚いた…
なんか、いくら「演じている」っていっても、作中でアイドルモノ乙女ゲーのキャラを殺すだなんて…しかも、音也が、だなんて…
ってやっぱり動揺してしまったよ~
ロストアリスはシリアスっぽい感じだったけど、トロワはちょっとコミカルっぽい雰囲気だったから、余計びっくりしたわ!

でもこういう挑戦的っていうか、保守的に回らない姿勢、とても好き。

そして、トロワで人が死ぬのなら、リコリスは本当、どうなってしまうんや…って思いました。

 

なんだか結局音也に寄った感想になってしまった!テヘペロ!

地元のお菓子屋さんにカヌレ売ってたからついつい買ってしまった…本当はスコーン買いに行ったんだけど。プリツイの効果ってすげぇや!